トップページ > 着こなす > 結婚式へのお招き

結婚式へのお招き 結婚式の会場を踏まえた上で、TPOに合った装いを

着用可能なきものと帯

  • 色留袖
  • +
  • 袋帯
  • 訪問着
  • +
  • 袋帯
  • 付け下げ
  • +
  • 袋帯
  • 色無地
  • +
  • 袋帯
  • 名古屋帯
  • 小紋
  • +
  • 袋帯
  • 名古屋帯
  • 八寸帯
  • 振袖
  • +
  • 袋帯

きものや帯選びのポイント

結婚式の会場を踏まえた上で、TPOに合った装いをしましょう。ホテルや結婚式場の場合、既婚者なら色留袖や訪問着、また未婚者なら振袖や訪問着を基本に、明るくきれいな色柄を選び、華やかに装いましょう。ただし、花嫁への配慮を忘れず、あまりに豪華な色合いは避けるのがマナーです。
また、レストランなど格式張らない会場の場合、会場の雰囲気や列席者の顔ぶれなどで、どこまでカジュアルにするか判断されるとよいでしょう。できるだけ重厚なものは避け、軽やかな色柄であれば問題ありませんが、迷われる時は、付け下げや小紋の明るくすっきりした色柄を選ぶのもひとつです。

バッグ選びのポイント

・色留袖・振袖
小ぶりの物を選ぶとよいでしょう。金糸や銀糸を基調にした佐賀錦、綴織、錦織などの素材がオススメです。

・訪問着・付け下げ・色無地・小紋
小ぶりの物を選ぶとよいでしょう。裂地が代表的ですが、ビーズやメタリック素材など、洋服用の物でも構いません。

履き物選びのポイント

草履のかかとは、5cm以上の高めの物を選びましょう。台や鼻緒には金銀を用いた華やかな物がよいでしょう。バッグと同一素材のセット物もオススメです。

このページのトップへ