トップページ > 着こなす > お茶会

お茶会 小紋を基本に、優しい雰囲気の色柄を

着用可能なきものと帯

  • 色留袖
  • +
  • 袋帯
  • 訪問着
  • +
  • 袋帯
  • 付け下げ
  • +
  • 袋帯
  • 色無地
  • +
  • 袋帯
  • 名古屋帯
  • 小紋
  • +
  • 袋帯
  • 名古屋帯
  • 八寸帯

きものや帯選びのポイント

お茶会は格式によってきものを選びます。「初釜」や「口切り」など格式の高いお茶会には、一つ紋付の色留袖や訪問着など、華やかに装うとよいでしょう。帯は、席の趣旨に合ったもの、季節感のあるもので品よくもとめると素敵です。
また「大寄せ」や気軽なお茶会などには、小紋や色無地など、優しい雰囲気の色柄を選ぶとよいでしょう。

バッグ選びのポイント

小ぶりの物を選ぶとよいでしょう。素材は裂地やビーズ、メタリック、エナメル加工の皮革などがオススメです。

履き物選びのポイント

格式が高い場合は、草履のかかとは、5cm前後の物を選びましょう。それ以外の場合は、低めの物で構いません。

このページのトップへ