トップページ > 知る > きものの更衣を知る

きものの更衣(ころもがえ)を知る

◎春・秋・冬(10月縲鰀5月)

黒留袖

袷 あわせ

きものに胴裏、八掛といわれる裏地が付きます。
もっとも着用時期が長く、冬場は断熱効果もあり、とても暖かいです。


このページのトップへ

◎初夏・初秋(6月・9月)

黒留袖

単衣 ひとえ

袷と違い、きものに裏地がなく、一枚で仕立てます。
汗取りや補強の目的で部分的に布を付ける場合があります。



このページのトップへ

◎盛夏(7月縲鰀8月)

黒留袖

薄物 うすもの

きものに裏地がなく、生地も絽、紗、麻など透けた素材が使われ、一枚で仕立てます。
風通しがよく、涼しく着ることができます。



このページのトップへ