トップページ > 知る > きものの種類を知る

きものの種類を知る

黒留袖

特徴

黒地で、裾の部分だけに絵羽模様(格の高い模様付けの一種)を配したきものです。日向紋(白く染め抜いた紋)が背・両腕・両外袖の五つに付きます。

着用可能なシーン

・結婚式 / 披露宴への出席

着用可能な対象

新郎新婦の母親、仲人夫人・親族の既婚女性のみ

知っておきたい決まりごと

白の比翼仕立て(改まった装いを表す二枚襲を簡略にしたもの)にするのが一般的です。

このページのトップへ

色留袖

特徴

色地が黒以外で、裾の部分だけに絵羽模様(格の高い模様付けの一種)を配したきものです。染抜き日向五つまたは三つ紋が付きます。

着用可能なシーン

・結婚式 / 披露宴への出席
・華やかなパーティー

着用可能な対象

既婚/未婚問わず、すべての年代

知っておきたい決まりごと

比翼仕立て(改まった装いを表す二枚襲を簡略にしたもの)にしたものは黒留袖と同格になります。

このページのトップへ

訪問着

特徴

肩・袖・裾など全体に絵羽模様(格の高い模様付けの一種)をあしらったきものです。

着用可能なシーン

・結婚式 / 披露宴への出席
・華やかなパーティー
・お茶会

着用可能な対象

既婚/未婚問わず、すべての年代

知っておきたい決まりごと

伊達衿は、改まった席には白、その他の場合は色の伊達衿を合わせるのが一般的です。

このページのトップへ

付け下げ

特徴

模様がすべて上向きになって描かれているきものです。「訪問着を簡略化したきもの」とも言われています。現代では柄ゆきが多様化し、付け下げ訪問着や付け下げ小紋、また結城紬や大島紬などの付け下げもあり、とても豊富な種類のあるきものでもあります。

着用可能なシーン

・結婚披露宴への出席
・華やかなパーティー
・カジュアルなパーティー
・お茶会
・観劇 / コンサート
・入学式や卒業式の付き添い

着用可能な対象

既婚/未婚問わず、すべての年代

このページのトップへ

色無地

特徴

柄がなく、黒以外の単色で染められたきものです。

着用可能なシーン

・カジュアルなパーティー
・ディナー
・お茶会
・お稽古
・観劇 / コンサート
・入学式や卒業式の付き添い

着用可能な対象

既婚/未婚問わず、すべての年代

知っておきたい決まりごと

一つ紋入れると略礼装になります。

このページのトップへ

小紋

特徴

全体に柄があり、一方向に同じ柄が繰り返し描かれているきものです。色柄には京小紋・江戸小紋・加賀小紋・紅型・更紗などの種類があります。

着用可能なシーン

・カジュアルなパーティー
・ランチ
・お茶会
・お稽古
・観劇 / コンサート

着用可能な対象

既婚/未婚問わず、すべての年代

知っておきたい決まりごと

江戸小紋や加賀小紋に一つ紋をつけると、色無地と同格になります。

このページのトップへ

紬

特徴

正絹の織物とは違い、蚕の繭から取った絹糸で織った、最もカジュアルなきものです。産地ごとに名称があり、大島紬、結城紬、塩沢紬などが有名です。中には付け下げや訪問着のような柄もあります。

着用可能なシーン

・カジュアルなパーティー
・ランチ
・お稽古
・観劇 / コンサート

着用可能な対象

既婚/未婚問わず、すべての年代

このページのトップへ